etcカードの作り方ガイド

法人向けのetcカードとは

法人向けクレジットカードの追加カード

etcカードは、個人が利用しても通行料金がディスカウントされたり支払いの際のイライラが軽減できたりするなどたくさんのメリットがありますが、利用できるのは個人利用者だけではなく、法人として利用することも可能です。法人向けのetcカードは、法人を対象に発行されているコーポレートカードの追加カードとして発行されるもので、運送業や営業車などを抱える企業にとっては、コーポレートetcカードを採用することによって経理事務が大幅に改善でき、立て替えや精算の業務をスッキリ解消することにつながります。

法人ならではのサービスも

個人向けのカードだと、クレジットカード1枚に対して発行できるetcカードは1枚だけなのが一般的です。しかし法人の場合には、クレジットカードが1枚でもetcカードは複数発行してもらえる一括型があり、企業の業種によってはとても便利に使いこなせるシステムが完備されています。企業によっては複数のドライバーが日常的に高速道路を利用することも多いわけで、etcカードを持っていても1枚しかないのでは役に立ちません。コーポレートカードごとに、何枚のetcカードが発行できるか上限が異なるので、カードを選ぶ際にはそうした点を比較しながら選ぶことが必要です。発行会社ごとに発行手数料や月会費が異なり、一定条件をクリアすれば月会費が無料もしくは減額になるものも多いので、賢くリーズナブルに利用できるものを選びましょう。

個別型と使い分けたい

企業の中には、1枚のコーポレートクレジットカードを発行し、追加カードでetcカードも1枚だけ発行したいというケースもあります。法人向けカードの中には、個別型というクレジットカード1枚、etcカードが1枚で個別決算できるタイプもあります。この場合、出張に出かける人が交通費から宿泊費、飲食やレンタカーなどの出張費用を全て1枚のカードで決済できますし、他の従業員と混同するリスクが少ないというメリットがあります。