etcカードの作り方ガイド

etcカードと合わせて必要になるもの

etcカードだけでは不便

高速道路の通行料金支払いに利用できるetcカードは、それ一枚だけでも通行料金の支払いに使えるので現金を持ち歩く必要がないという便利さがあります。しかし、カードだけ持っていても、高速道路の料金所でETC専用ゲートを通過することはできませんし、場合によってはせっかくのETC割引が適用外になってしまうこともあります。etcカードを最大限に使いこなすためには、カードを作ると同時に、自動車にETC車載器を取り付ける工事が必要となります。車載器はオートバックスやイエローハットなどのカーショップはもちろん、カー用品を取り扱っているホームセンターなどでも購入して取り付けてもらうことができます。

車載器のタイプ

ETC車載器には、いくつかのタイプがあります。最もリーズナブルに取り付けられるのは2ピースタイプと呼ばれるもので、本体と通信用のアンテナが一体化しているタイプです。ダッシュボードの上に簡単に設置できるので便利ですが、外から丸見えなので盗難にあいやすいというデメリットがあります。

3ピースタイプは、本体とアンテナが分かれているタイプで、etcカードを挿入する本体は車内ならどこにでも取り付けられるのが特徴です。外から見えにくいので盗難にあいにくいというメリットがありますし、センターボックスの中に入れておけば本体を隠すこともできます。

最新モデルの自動車の中には、車のオプショナルとして車載器がビルトインされているものもあります。高級車でなくても車載器が標準装備になっている車種はどんどん増えているので、このタイプの自動車を購入すれば、あとから車載器を購入して取り付ける手間もコストも省くことができます。

車載器の機能も多種多様

ETC車載器の中には、通行料金の支払いというベーシックな機能以外にカーナビ機能がついていたり、カードの取り忘れを音声で知らせてくれるブザー機能や音声機能がついていたりするものもあります。多機能になれば車載器の価格もアップするので、ニーズと用途に合わせて賢く選びましょう。