etcカードの作り方ガイド

あると便利なetcカードの作り方とは?

自動車の運転をする人なら一枚持っていたいカード

高速道路の料金所には、いつも料金を払う人たちが長蛇の列を作っていて、その列で待っているだけでもイライラしてしまうことは多いでしょう。それに、料金所ではクレジットカード払いなどができないことが殆んどで、現金のみでの支払いとなるので、高速道路を利用する際には事前に十分な通行料を持っていることを確認する作業が必要となります。現金がなければATMに行って引き落とさなければいけないなど、時間と手間もかかってしまいます。それに、高速道路の料金所ではお財布の中から小銭を探してピッタリで支払う事が意外と難しく、お札で払って小銭でお釣りを受け取ることも多いもの。そうすると、お財布が小銭でパンパンになってしまったり、車の中に小銭が増えてしまったりする原因にもなってしまいます。

ETCカードのメリット

ETCカードにはたくさんのメリットがあります。まず、高速道路の料金所でのイライラが解消されることになります。ETCカードを使う場合には、専用のゲートを通過するので料金所の長蛇の列で待つ必要はありませんし、専用ゲートを通過する際には減速するだけでOKですから、車から降りる必要もなければ窓を開ける必要もないのです。

また、ETCカードを利用することで、通行料金が割引になることも多く、高速道路をよく利用する人にとっては節約にもつながります。高速道路ごとに割引が適用される時間帯や曜日は異なりますが、ETCカードで通行料を支払う際には、自動的に割引が適用されるので、そうした情報を知らなくても損をすることはありません。

そして、ETCカードの最大のメリットと言えば、通行料金を気にすることなく高速道路が利用できるという点ではないでしょうか。通行料金は全てクレジットカードでの後払いとなるので、お財布に現金が入っていなくても問題なく高速道路を利用することができるのです。

etcカードの作り方

etcカードの作り方は、大きく分けて2通りあります。最もポピュラーなのは、クレジットカードの追加カードとして作る方法で、近年では多くのクレジットカードが追加カードとしてETCカードの発行も行っています。この場合、ETCカードのみの単独発行はできないので、クレジットカードの申し込みを行い、審査に通ったうえで追加カードとなるETCカードを発行してもらうことになります。

もう一つのetcカードの作り方は、ETCパーソナルカードを作るという方法です。このETCパーソナルカードはクレジットカードとリンクしていないカードで単独発行してもらえる唯一のカードとして知られています。クレジットカードのように後払いではなく、最初に保証金を預けておき、利用すると後日銀行口座から通行料金が引き落とされるというもので、クレジットカードを作りたくない人や審査に通らない人にとっては、ETCカードを作れる唯一の方法となっています。

低コストで作るのがおすすめ

ETCカードには、クレジットカードのようにVISAやMASTER、JCBなどのロゴが入っているわけではなく、高速道路の通行料金にしか使うことはできません。人によっては年に数回しか高速道路は利用しないということもあるので、カードを作る場合にはETCカードの発行や年会費などが無料のものを選ぶのが賢いでしょう。クレジットカードの年会費が無料でもETCカードは年会費がかかる場合もありますし、ETCカードには年会費がかからなくてもクレジットカードは年会費が有料という場合もあるので、複数のカードを比較検討しながら、できるだけニーズを満たして低コストで作れるものを選びましょう。クレジットカードもETCカードも年会費は永久無料というものはたくさんありますし、年会費が無料でも付帯サービスや特典が充実しているものも多いので、そうしたものを選んでみてはいかがでしょうか?

法人経営者・個人事業主向けのおすすめETCカードはこちら

法人etcカード

法人ETCカード.com